月別記事
モバイル
qrcode
スポンサードリンク
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
おもろいポスターで商店街PR

 買わんでええから、伊丹へポスター見に来てや―。兵庫県伊丹市の若き商店主らが「ユニークポスター」で地域活性に立ち上がった。以前、大阪の商店街で電通のクリエイターたちが各店の個性的なポスターを作成した展示会がテレビや新聞のニュースで話題に。それを見た伊丹西台商店会の若き店主らが同社クリエイターに「自分たちもやりたい」と猛アタックした結果、きょう1日からのポスター展開催にこぎつけた。阪神・淡路大震災で大きな被害を受けて以来、活気を失っていた同商店会だが、震災20年を前に若い力が街を盛り上げ、以前のような活気を取り戻そうと奮起している。

【動画】阪急伊丹周辺で楽しめる、ユニークなポスター散策の様子

若手店主らテレビで話題の「ユニークポスター」をウチでも

 電通では、今年までに大阪市内にある新世界(同市浪速区)・文の里(同市阿倍野区)の商店街でユニークな大阪弁のキャッチコピーや個性あふれる写真などで店を紹介する「ポスター」を店先やアーケードに掲示。この取り組みが、ツイッターなどのソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)で「おもしろい」と広まり、テレビのニュースや新聞などに取り上げられ話題に。広告業界でも話題となり、企画者の電通関西支社クリエーティブ局のコピーライター、日下慶太さん(38)が「やってみなはれ佐治敬三賞」を受賞した。

 その様子を目にした同商店会の若き店主らが「自分のところでもこれをやれないか」と思いつき、同市役所などに相談。同市役所を通じて日下さんとコンタクトを取り、今回のポスター展開催にこぎつけたという。

 「過去の分は大阪商工会議所と電通がユニークな商店街ポスターを作るため、協力してくれそうな大阪の商店街を探し過去2つの商店街で実施しました。けど今回は商店会の若い店主が『やりたい』と言ってきてくれた。これは本当にうれしい」と話す日下さん。

 予算のやりくりなどで開催が危ぶまれたこともあったが、同市も共催という形で協力。同社クリエイターたちもボランティアで参加するなどし、約200枚近くのポスター制作に取りかかることができた。制作前には、店主らがクリエイターに対してプレゼンテーションも行い、ふだんはお客さんと接する店主らも慣れない発表ながらも一生懸命PRし作成にとりかかるなど、手作り感満載のポスターが作られていったという。

前へ12
2ページ中1ページ目を表示

| - | 07:30 | - | - |
映像 足挟まれ乗客50人で救出

ホームと電車の間に足を挟まれた男性を居合わせた乗客が救出

フジテレビ系(FNN)10月31日(金)19時48分配信

30日夜、仕事帰りのサラリーマンらで混みあう地下鉄のホームで男性が車両に接触し、左足を電車とホームの間に挟まれた。
居合わせた乗客らが、横1列で車両を押して救出する様子をカメラがとらえた。
緊急停車を知らせる警報音が鳴り響き、緊迫する地下鉄のホーム。
30日午後11時すぎ、東京メトロ東西線日本橋駅で、53歳の男性が、9両目の車両とホームの間に左足を挟まれ、動けなくなってしまった。
その時、周りに居合わせた乗客らが、協力して車両を押し、男性を救助した。
ふらふらとした足取りでホームを歩いていた53歳の男性。
駅に入ってきた電車に近づき、頭部が車両に接触。
その後、男性は転倒したはずみで、左足を電車とホームの間に挟まれてしまった。
電車とホームの間は、わずか10cmほど。
男性の身動きが取れなくなると、居合わせた乗客らおよそ50人が、誰からともなく声をかけ合った。
乗客らは、1両の重さおよそ30トンもある車両を押して傾け、隙間を広げて男性を救出した。
ホームに倒れた男性に対し、応急処置を行う駅員。
男性は、頭蓋骨を骨折するなどし、意識不明の重体となっている。
今回と同じようなケースは過去にも起きている。
2013年7月、さいたま市のJR南浦和駅で、車両とホームの隙間に転落して動けなくなった30代の女性を、駅員や乗客およそ40人が車両を押して救出した。
そして、ホームでの救出劇は海外でも起きている。
2014年8月、オーストラリアで足を滑らせた男性が、電車とホームの隙間に左足を挟まれて動けなくなる事故が発生した。
すると、居合わせた乗客が、力を合わせ、電車を押し、車両を傾け、男性を救出することに成功した。
一方で、車両を押す行為は危険だという見方もある。
鉄道アナリストの川島令三氏によると、電車には、揺れを軽減するなどのために空気バネが設置されていて、大人数で車両を押した場合、バネの戻ろうとする力で車両が大きく揺り戻されてしまう。
そして、救助者や挟まれている人にも危険が及ぶ可能性があるという。
川島氏は「人ですから、力のかけ方はまちまち。機械で広げるのが一番安心できる。消防などが救出するのが一番だと思う」と語った。
東京消防庁は、今回の救出活動について、適切かどうか判断できないとしたうえで、人が電車の下敷きになっている場合は、一般の人が手を出さないほうがよいとしている。


引用:映像 足挟まれ乗客50人で救出



| - | 08:24 | - | - |
「奇跡の集落」の新たな挑戦

新潟県十日町市にある、小さな山あいの集落「池谷集落」。この集落に移住した福島美佳さん(十日町市地域おこし実行委員会メンバー)から移住希望者向けの家を建てると言うプロジェクトをファンドレイジングで進めていると言う話を伺った。限界集落から脱出し奇跡の集落とも言われる同所の新しい挑戦だ。(オルタナS特派員=伊藤きっこう)

池谷集落は、昭和30年代には37戸170人以上が暮らす賑やかな集落でだったが、高度経済成長とともに人口が流出。いわゆる「限界集落」という状態になった。

2004年10月23日、新潟県中越沖地域でマグニチュード6.8の大地震が発生した。池谷集落も被災し、住民全員一週間近隣の小学校で避難生活を余儀なくされた。

山や田んぼが崩れ、道路がひび割れ、神社の鳥居も落ち、一瞬にして今まで見ていた風景が変わってった。地震を機に2世帯が集落を離れ、一時13人になった住民は、「もう村をたたむしかないのだろうか」と、そんな言い知れぬ不安を感じたという。

しかし、そんな池谷集落に、奇跡が起きる。全国各地から支援の手が差し伸べられたのだ。国際協力NGO「JEN」や新潟県内のNPO法人、市民団体、個人ボランティアが続々と池谷集落に駆けつけてきた。

最初は「ボランティアってなんだ?」と懐疑的だった住民も、見ず知らずのボランティアが集落のために汗水たらして手伝ってくれる姿を見て、少しずつ元気を取り戻していった。

やってきたボランティアも「手伝いに来たはずが、逆に元気をもらった」と集落の自然や住民の人柄に感激し、多くの方がリピーターとなり絆を深めていった。

池谷集落では、やってくるボランティアの受け皿として、住民を中心とする「十日町市地域おこし実行委員会」を発足。震災復興以後も、過疎化問題に対して様々な活動を実施してきた。

都会との交流イベントを続けていくうちに、「自分も池谷集落に住みたい」という若者が現れた。20代30代の若者、3世帯5人が池谷集落に移住。6世帯13人だった集落は8世帯18人となり、「限界集落」と呼ばれる状態から脱出し「奇跡の集落」と呼ばれるようになった。その後、子どもも産まれ、2014年現在では9世帯21人にまで増えた。

しかし、震災当時60代後半だった昔からの住民も、現在では70代後半となり、田んぼを手放す人も現れた。どの農家も「あとどれだけ農業を続けられるか分からない」と不安を抱えている。

池谷集落が長年守ってきた田んぼ、自然、農業や生活の知恵を途切れさせたくない。「自分たちの農業を引き継いでもらいたい」「集落の後継者となる新しい住民にもっと来てもらいたい」。そう強く願う池谷集落は、新しい挑戦に踏み出した。

それは、移住希望者向けの新しい家を建てること。日本有数の豪雪地帯であるがゆえ、離村する際は、みな家を壊すために、集落には人が住める空き家がない。議論を重ね、ついに小さな移住希望者向けの住宅を自己資金と寄付金、助成金で建てることに決めた。住宅は同時 に、農業後継者を育成する場ともなる。同住宅が後継者不足に悩む池谷集落の希望の光となることをめざし、かつ、同じような問題に悩む他の集落の参考になればと思っていると、福島さんは話した。

日本の食糧供給を担う農村の存続をめざす同企画は、同時に都会に住む人たちのためにもなるし、池谷集落の挑戦を応援するだけでなく、日本の農村を取り巻く現状・課題に関心を持つ格好の事例ではないだろうか。


| - | 07:52 | - | - |
死んだ犬40匹 河川敷に散乱

 31日午前11時40分ごろ、栃木県さくら市氏家の鬼怒川河川敷で、小型犬約40匹の死骸が散乱しているのを通りかかった男性が発見した。犬に目立った外傷はなく、栃木県警宇都宮東署はペット葬儀業者が不法投棄した可能性もあるとみて、廃棄物処理法違反容疑で捜査している。
 同署によると、現場は車が通れる河川敷。死骸は袋などに入っておらず散乱していて、服を着た状態の犬もいたという。いずれも死後間もないとみられる。 


| - | 07:45 | - | - |
東京農大教授 覚せい剤所持か

東京農大教授、自宅に覚せい剤を所持していたとして現行犯逮捕

フジテレビ系(FNN)10月29日(水)17時14分配信

東京農業大学の教授の男が、都内の自宅に覚せい剤を所持していたとして、警察に現行犯逮捕された。
東京農業大応用生物科学部教授の佐藤英一容疑者(48)は、29日午前、東京・練馬区の自宅に、覚せい剤5袋を隠し持っていたとして、警察に現行犯逮捕された。
警察によると、佐藤容疑者の自宅から、覚せい剤を吸った形跡があるガラスパイプと、未使用の注射器20本のほか、指定薬物「RUSH」など、液体が入った小瓶数十本を押収したという。
調べに対し、佐藤容疑者は「自分が使うために持っていた」などと容疑を認めていて、警察は、入手経路や使用の有無などについても調べている。


引用:東京農大教授 覚せい剤所持か



| - | 07:45 | - | - |
<< | 2/114PAGES | >>